ネタキリラボ
ネタキリラボ

過去のラボメモ

過去ログ

[先月] [戻る] [来月]


外部記憶データベース Ver0.93

外部記憶データベースをバージョンアップしました。

修正点
・ツールのコマンド不具合修正
・ツールのコマンド引数に「キャレット位置文字列」を追加
・Stamper3クリップボード履歴の不具合修正
2008年10月4日(土)

外部記憶データベースから一発操作でヘルプのキーワード検索をする設定

外部記憶データベースは元々、作者がプログラム本に付いてくる膨大なサンプルプログラムを管理し、検索・参照するために作ったようなところもあります。
そんな登録したサンプルプログラムを参考にするため、よくソースを眺めるのですが、自分の場合、分からない関数に遭遇する事しょっちゅうです。
そんなとき、ツールバーに使用言語のヘルプを登録しておいて、キャレット位置の関数名をボタンなりショートカットで一発検索できれば、分からないところは手軽に検索しつつ効率よくソースを読むことができます。

以下にその設定方法を紹介します。
WinHelpのキーワード検索をツールボタンに割り当てる
HTMLHelpのキーワード検索をツールボタンに割り当てる
2008年10月11日(土)

外部記憶データベース Ver1.0.5

外部記憶データベースをバージョンアップしました。
外部記憶データベースFAQページ追加。

==改良点==
■印刷機能追加(トークンごとの色分け印刷が出来ます。)
印刷設定プレビュー

■「編集」に「整形」追加
・追加内容
インデント:選択行をインデントします。
アンインデント:選択行をアンインデントします。
コメントアウト:キャレットのある行、もしくは選択行をコメントアウトします。
アンコメントアウト:キャレットのある行、もしくは選択行をアンコメントアウトします。
トリム(両端):選択されている行の両端にある余分なタブや半角スペースを取り除きます。
トリム(左側):選択されている行の左端にある余分なタブや半角スペースを取り除きます。
トリム(右側):選択されている行の右端にある余分なタブや半角スペースを取り除きます。
ソート:選択行の文字列を行ごとに昇順で並び替えます。

■「編集」に「変換」追加
・追加内容
大文字->小文字:選択文字列を大文字から小文字に変換します。
小文字->大文字:選択文字列を小文字から大文字に変換します。
半角->全角:選択文字列を半角から全角に変換します。
全角->半角:選択文字列を全角から半角に変換します。
ひらがな->カタカナ:選択文字列をひらがなからカタカナに変換します。
カタカナ->ひらがな:選択文字列をカタカナからひらがなに変換します。
タブ->スペース:選択文字列のタブをスペースに変換します。スペース数は「エディタ設定」の「タブ文字数」の値が反映されます。
スペース->タブ:選択文字列のスペースをタブに変換します。スペース数は「エディタ設定」の「タブ文字数」の値が反映されます。

■「編集」に「挿入」追加
・追加内容
現在の日付:キャレット位置に現在の日付を挿入します。
現在の時刻:キャレット位置に現在の時刻を挿入します。
現在の日付と時刻:キャレット位置に現在の日付と時刻を挿入します。

■「編集」に「矩形選択」機能追加

■ツールの拡張引数追加

■細かい修正
2008年10月12日(日)

外部記憶データベース Ver1.0.6

外部記憶データベースをバージョンアップしました。

==改良点==
■データベースバックアップやレストア時、正常に終了していたのに「バックアップ失敗」と出ていた不具合修正
2008年10月16日(木)

外部記憶データベース Ver1.1.7

「百聞は一見にしかず」と昔から言われるように、視覚的に理解した方が、文章を読んで理解するより非常に簡単だったりすることが多々あります。この「外部記憶データベース」は忘れがちな文字情報に手軽にアクセスする方法はありましたが、視覚的情報を手軽に取り出す方法は今までありませんでした。このソフトを自分自身で使っている中で、「説明文章の後に、ちょっとした図形でもあれば、さらに理解しやすいのに」と思うことが多かったことから今回、画像情報に手軽にアクセスする機能を追加しました。
ちょっとした補足図などの挿入や、写真を表示させたいときなどにご利用ください。

外部記憶データベースをバージョンアップしました。
[Tips]エディタ上の画像パスから画像をポップアップ表示させる←追加

==改良点==
■画像ポップアップヒント・ビュー機能追加
[表示例]
表示例表示例
◎画像パスを入力するには、エディタ画面に画像ファイル(JPG,BMP,PNG)をD&Dすると簡単に入力する事が出来ます。
◎下線の付いている画像パスにマウスカーソルをのせるとポップアップヒントで画像が表示されます。
◎下線の付いている画像パスをダブルクリックすると標準の画像ビューアで開きます
◎$(Dir)というのはアプリの動いているカレントフォルダの事です。カレントフォルダ内に画像を置き、パスに使う事で、もしカレントフォルダを他に移動してもパスがずれる事がありません。
◎ポップアップヒントの表示・幅・高さは「ツール」→「オプション」→「表示」で設定できます。
◎今んとこJPG,BMP,PNGのみ対応。

■エディタのタイトル箇所描画方法変更。
■フォルダ新規作成時の入力欄のデフォルト値をクリップボードテキストにした。
2008年10月22日(水)

外部記憶データベース Ver1.1.8

外部記憶データベースをバージョンアップしました。

==改良点==
■画像取り込み機能追加。
画像ファイルドロップ時、ファイルをカレントの画像フォルダ内に取り込むかどうかをオプションで選択できるようにしました。
■画像ヒントかGIFに対応(アニメーションなし)。
■フォルダ新規作成時のデフォルトの名前を「新規フォルダ」かクリップボードの文字列かを選べるようにした。
■フォルダ新規作成時、上位フォルダの表示形式を引き継ぐようにした。
■テキスト編集アクションEnableの不具合修正。
■「オプション」→「画像フォルダを開く」機能追加。
2008年10月24日(金)

外部記憶データベース Ver1.1.9

外部記憶データベースをバージョンアップしました。

==改良点==
■DB検索オプション追加
今までは「AND検索」しかありませんでしたが「NOT検索」と「フレーズ検索」追加。
詳しくは以下
DB検索のオプション検索方法

■外観少し変更

==追加==
窓の社で「外部記憶データベース」を紹介して頂きました。

大量のテキストをメーラー風の3ペインで効率よく管理「外部記憶データベース」
データベースエンジンには「Firebird」を採用、高速検索に加え絞り込み検索も可能
http://www.forest.impress.co.jp/article/2008/10/27/externalstoragedb.html
2008年10月27日(月)

外部記憶データベース Ver1.1.10

今回は掲示板で要望があったものを中心に機能追加・修正しました。

外部記憶データベースをバージョンアップしました。

==改良点==
『外部記憶データベース』
■マウスのホイールでのスクロールに対応
通常時は普通にスクロールし、Ctrlを押しながらすると大きくスクロールします。
■フォームの閉じるボタンクリックでタスクトレイに格納するかをオプションから選べるようにした
■終了確認ダイアログ表示時の終了時不具合修正
■「データベース切り替え」から「default」以外のデータベース名を変更できるようにした
「ファイル」→「データベース切り替え」→「名前変更」ボタンで指定できます。
■ツールバーの「DB検索」というキャプション削除
オプションから選択できるようにしようかとも思いましたが、必要ないと思ったので削除しました。
■データベースの保存場所を各自指定できるようにしました
「ファイル」→「データベース切り替え」→「DBフォルダ変更」ボタンで指定できます。
デフォルトのデータベースフォルダはカレントフォルダの「data」フォルダです。
■ファイルのパスに半角スペースを含むデータベースに切り替えるときの不具合修正

『スタンプツール』
■フォーのム閉じるボタンクリックでタスクトレイに格納するかをオプションから選べるようにした
2008年10月29日(水)

外部記憶データベース Ver1.2.11

掲示板で不具合報告・要望をしてくださった皆様、ありがとうございます。
今回は機能追加等いろいろしたので、不具合などありましたら掲示板等で報告していただけるとありがたいです。

外部記憶データベースをバージョンアップしました。

==改良点==
『外部記憶データベース』
■外部エディタ編集機能追加
「オプション」→「外部エディタで編集」からエディタを起動できます。
「オプション」→「オプション」→「外部エディタ」から使用するエディタを3つまで登録できます。
エディタをが3つで少ないようでしたら今後の要望次第で増やすかもしれません。
※本ソフトは自動保存形式ですので、その都合上データの適合性を保つため、外部エディタで編集中のテキストを「外部記憶データベース」上で変更したり、外部エディタで編集中のテキストと違うテキストアイテムを選択すると、外部エディタを閉じたときの自動取り込みがキャンセルされます。

■外部ツールの設定でテンポラリ領域に展開した編集中のテキストファイルを指定できるようにした
外部ツールの拡張引数に「$(TmpFile)」と「$(TmpFile[])」を追加しました。
$(TmpFile)は現在編集中のテキストをテンポラリ領域に展開してそのファイルパスと置換します。
$(TmpFile[])も基本は$(TmpFile)と同じですが[]内で拡張子指定が出来ます。
例:$(TmpFile[html]) #HTMLファイルに展開される(*.html)
例:$(TmpFile[c])   #Cファイルに展開される(*.c)

■タスク格納時に「最小化したときはトレイに、ウインドウが開いている時はタスクバーに表示」出来るよう、オプション設定から選択できるようにした

■フォームサイズ変更時等、ツールバー位置がずれる不具合修正
まだ完全でないかも…

■「ツールバーの固定」機能追加
「表示」→「ツールバー」→「ツールバーの固定」

■検索窓に日本語を入力しバックスペースを押したときの不具合修正
コンボボックスのオートコンプリート機能のバグのようで、オートコンプリート機能はなくしました。

『スタンプツール』
■ファイルのパスに半角スペースを含むデータベースに切り替えるときの不具合修正
2008年10月31日(金)

外部記憶データベース Ver1.2.12

本日2度目のバージョンアップ、細かい修正です。

外部記憶データベースをバージョンアップしました。

==改良点==
『外部記憶データベース』v1.2.12
■「外部記憶データベース」から「スタンプツール」再起動時、閉じた「スタンプツール」のウインドウ設定を引き継がなかった不具合修正
■オプション設定のタブ順序修正
■誤字修正
■外部エディタ編集後の展開ファイルの自動削除をやめる事にした
※編集後の取り込みエラー時もテンポラリフォルダ「temp」から編集テキストを復帰できるようにするため
※テンポラリフォルダ内一括削除は「オプション」→「オプション」→「外部エディタ」にあります。

『スタンプツール』v3.0.8
■「スタンプツール」から「外部記憶データベース」再起動時、閉じた「外部記憶データベース」のウインドウ設定を引き継がなかった不具合修正
2008年10月31日(金)


[先月] [戻る] [来月]

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Copyright 2003-2019 yhira Some Rights Reserved.
[Server] [Delphi Tips] [Rails3 Tips]
最終更新:2008/11/01 18:42:14