記事一覧

雨の日の車椅子での外出時に靴を雨から防いでくれる「パラシューカバー」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

最近、雨が降ったり止んだり、ゲリラ豪雨だったりと変な天気が続きます。雨の日に車椅子で出歩くと、かなりの確率で靴はビショビショ。うまいことやれば良いんでしょうが、傘を刺しても座っている足は前に出ているので濡れやすいのはしょうがないような気がします。なので、結構そういう需要があるのでしょうか。モンベルから「パラシューカバー」というのが出ています。
パラシューカバー
仕様
【素材】420デニール・ナイロン・オックス/ターポリン(足底)
【重量】200g
【カラー】ブラック(BK)
【サイズ】フリーサイズ(24~32cm/靴底長表示)※少々ダブつきますが22~23cmにも着用可

「パラシューカバー」は、車椅子に乗った際の足元を濡れや汚れから守るシューズカバーです。ベルクロ留めのシンプルな構造により着脱が簡単で、かかと部分をカットし靴の底を出すことでフットプレートから足が滑り落ちにくくなっています。底以外の縫い目にはシームテープを施し、防水性を高めています。
パラシューカバーパラシューカバー

なんか面白い作りです。モンベルと言えば、日本のアウトドア総合メーカーで登山関連のメーカーとしても有名です。登山グッズと言えば、雨対策は必須ですから、そういった知恵が、こういったアイテムにも活かされているのではないかと思います。

人気なのか、はたまた違った要因なのか、なんかずっと完売状態が続いています。

関連:車椅子用のレインコート「ハイドロブリーズ パラカグール」

タグ:車椅子 衣類

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーリンク
 

トラックバック一覧

コメント一覧