記事一覧

脊髄損傷ラットの歩行機能をリハビリ実験で回復

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ファイル 484-1.jpgファイル 484-2.jpgファイル 484-3.jpgファイル 484-4.jpgファイル 484-5.jpg

脊髄損傷ラットの歩行機能をリハビリ実験で回復、スイス研究 国際ニュース : AFPBB News

【6月1日 AFP】脊髄損傷でまひしたラットを、脊髄電気刺激と補助機器を使ったリハビリ治療を通じて再び歩けるようにする実験に欧州の研究チームが成功し、米科学誌サイエンス(Science)に論文が掲載された。
 研究を率いたスイス連邦工科大学ローザンヌ校(Ecole Polytechnique Federale de Lausanne、EPFL)のグレゴワール・クルティーヌ(Gregoire Courtine)氏によると、この研究を成功に導いたポイントはラットに自らリハビリを行うよう促したことだという。


スイス連邦工科大学ローザンヌ校(Ecole Polytechnique Federale de Lausanne、EPFL)のニュースと動画。
Walking Again After Spinal Cord Injury - EPFL


要約すると

#治療で、脳が四肢を動かす際に発する信号を模倣した電気化学的刺激を脊髄に送る
#補助機器を使ってラットに真っすぐ立った姿勢を保たせるようにする
#ハーネスには歩行そのものを補助する機能はない
#ラットの前方には報酬としてチョコレートを置く
#ラットはすぐに何歩か歩くことに成功する
#5~6週間のうちに餌のチョコがなくても自力で行く手の障害物を避けたり走ったりできるようになる


ん、これだけで?にわかには信じがたいのですけど、本当だったら凄いですね。

タグ:ニュース 新技術

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーリンク
 

トラックバック一覧

コメント一覧