記事一覧

視線でPCを操作しゲームをできる日が間近に迫ってきているのかもしれない、しかも安価で

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ファイル 516-1.jpg

視線によるPC操作、ゲーム備品で低価格実現 英研究 国際ニュース : AFPBB News

【7月19日 AFP】大量生産されているビデオゲームの備品を使って、体の不自由な人が目の動きだけでコンピューターを操作することが可能な低価格の装置を開発したとの報告が、英国の神経工学論文誌「Journal of Neural Engineering」に13日付で掲載された。


今まで、四肢の不自由な人が手軽にPCを操作できるといった類の先端デバイスは、脳に直接電極を埋め込んだり、それでなくとも研究室価格のバカ高い値段の機器が必要だったりと、あまり自分のような一般庶民の手に届くようなものではなかったのですが、今回英インペリアル・カレッジ・ロンドン(Imperial College London)の研究チームが発表したシステムは、販売価格が30ドル(約2400円)未満ということで、もし発売されれば即買いするレベル。


実際使用している動画は以下のサイトでみることができます。
Playing “Pong” with the blink of an eye: low cost technology could enable people with severe physical disabilities to become ‘gamers’ for the first time
Pong spelen met je ogen | Core | Tweakers.net Video's

装着した状態。

目の動きを捕らえるソフト。

眼球が3D化されます。

これらのシステムでゲーム(Pong)ができます。

このシステムは、どれだけ遠くのものを見ているかという目線の距離も測定することができるので、将来的には、行きたい場所を見ればそこまで進む電動車いすの開発なども可能だとのこと。

タグ:ニュース.PCデバイス

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーリンク
 

トラックバック一覧

コメント一覧

1969 2012年07月20日(金)22時23分 編集・削除

ツイッター始めたんですね。
しかし外国はアクティブですねー

yhira URL 2012年07月21日(土)10時54分 編集・削除

はい、はじめました。
ただ、イマイチ使い方がまだわかってないです。

ほんと、欧米のこういったアグレッシブさは自分にも欲しい。