記事一覧

2012年 ベストネタキリショッピングオブザイヤー 生活の質が向上したアイテムベスト5

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2012年もそろそろ終わりが近づいてきました。これまで2009年、2010年、2011年と3年にわたってその1年で便利だったモノ・サービスを紹介する記事を書いてきましたが、今年も相も変わらず書いてみたいと思います。


2009年 ベストネタキリショッピングオブザイヤー
2010年 ベストネタキリショッピングオブザイヤー
2011年 ベストネタキリショッピングオブザイヤー


これまでいろんなものを購入してきて、去年の時点で『(買い物に関しては)かなり満足で、今のところ特に欲しい物もないので来年は買うものがないんじゃないかと思います。』などと書いているにもかかわらず、生活していれば物欲が出てくるもので、今年も相変わらず、いろいろと買い物をしてしまいました。

その中で、今年も独断と偏見で生活の質が向上したモノベスト5を選びたいと思います。
※寝たきりの頚椎損傷C4-C5基準です。


第5位は、手間のかからない加湿器「象印加湿器 EE-RD50-HA」です。

象印
湿度&温度センサーが湿度を感知してぴったり湿度に自動でコントロール。

冬の乾燥から喉を守るのと、最近流行のインフルエンザ・ノロウイルス対策(乾いた環境ではウイルスが活発化しやすいので)として購入。今までいろいろな加湿器を使ってきましたが、その中でも断トツに手間がかからない加湿器としてとても重宝しています。よくある一般的な加湿器なら、フィルター交換や蒸発皿のこまめな掃除が必要ですが、この象印加湿器は、そういった手間が一切不要。基本的に、毎日水を入れてスイッチを押すだけという手軽さで使用できます。スチーム式加湿器なので電気代は高いですが、多少費用がかかろうとも、この手軽さには代えられません。

[関連記事]
手間いらずの加湿器「象印 加湿器 EE-RD50-HA 」を購入
寝たきりにとって使い勝手の良い加湿器1
寝たきりにとって使い勝手の良い加湿器2




第4位は、音声認識ソフトの「ドラゴンスピーチ11J」です。

ジャストシステム
Windowsでキーボードに代わって声でテキストを入力したり、「アプリケーションの起動」や「ファイルの保存」などの操作も声で行うことができる、音声ソフトウェアです。

声で文章を入力したいなら、今のところ最もベストな音声認識ソフトだと思います。特に音声認識率が素晴らしく、現状ディクテーションで「誤認識→修正」の面倒くささを最も減らしてくれるソフト。認識辞書の登録語数は約100万語ということで非常に辞書が優れていると思われます。前のバージョンまでの初期設定で大量の文章を読まなければいけないという煩わしさもほとんどなくなり、手軽に始められるソフトになったと思います。ただ、まだ不具合が多い(Windows7だと特に)のと、動作が重いのは今後是非改善して欲しいところ。これさえなければ、もっと上位でもよかったんですが。

[関連記事]
「ドラゴンスピーチ11J 優待版」をついに購入、 AmiVoiceと比較してみた
音声認識ソフトの「ドラゴンスピーチ 11」と「ドラゴンスピーチ 11J」の違い
音声認識ソフトの大本命ドラゴンスピーチの後継ソフト「ドラゴンスピーチ11J」が7年ぶりに発売される模様



第3位は、リモコンで窓を開閉できるようになる「オートクローザー」です。

ハマダ工商
寝ながら窓を簡単開閉。各種センサー内臓で雨が降ると窓が自動的に閉まる。

「自然の風っていいよな」と改めて思わせてくれた商品です。窓を自分で開閉できるって本当素晴らしい。部屋が暑ければリモコンボタン一つで窓を開けることができますし、何よりも朝窓を開けると、鳥の鳴き声、木立の揺れる音などがして気持ちがいいです。単なる部屋の温度調整ならエアコンにでもできるかもしれませんが、こればっかりは窓を開けないと感じることができません。

[関連記事]
リモコンを使って窓を開け閉めできるようにしたいという念願を叶えてくれる装置「オートクローザー」をついに購入
窓の開け閉めをリモコン操作・自動化できる装置「オートクローザー」




第2位は、リモコン操作ができる電動カーテンレール「パワートラック」です。

電動カーテンレール TV24【片開き・直線レール】
ナビオシアタースクリーンシステム
電動カーテンレールです。お好みのカーテンを取付可能(通常のカーテンを使うことができます)適度なスピードでスムーズに展開します。

電動カーテンレール TV24【両開き・直線レール】
ナビオシアタースクリーンシステム
両開き用

今まで面倒くさくて部屋のカーテンは、ずっと開けっぱなしにしていたのですが、この「パワートラック」のおかげで自由に開閉できるようになりました。カーテンの開閉ができるようになって何が一番良かったかというと、グッスリと眠れるようになったことです。今までは、明け方に空が明るくなってくると、それとともに結構目が覚めてしまっていたのですが、カーテンを閉じれるようになったおかげで、眠りたい時間まで部屋を暗くさせることができるので、良い睡眠をとれるようになりました。

起きたときはカーテンを開けて太陽の光を浴びて目を覚ますことで、生活にメリハリがでて規則正しい生活ができるようになりました。「オートクローザー」で窓を開閉できるようになったこともうれしかったのですが、それ以上にカーテンの開閉で良い睡眠が取れるようになったのは、ありがたいです。

[関連記事]
電動カーテンレールの「パワートラック」が届いたので取りつけました
リモコン操作ができて値段もリーズナブルな電動カーテンレールを見つけた




第1位は、部屋中のリモコンを統合的に管理できる学習リモコン「Glamo iRemocon」です。

Glamo
スマートフォンを利用して家の中や外出先から様々なリモコン対応家電をコントロールできます。

今までいろいろな学習リモコンを使用してきた中で、僕にとって最も優れていた学習リモコンです。具体的にいうと、エアコンの信号が登録できる程、いろいろなリモコンを登録することができたり、登録した信号を部屋中満遍なく遠くまで飛ばすことができたりします。あと、このリモコンを購入した理由の一つに、パソコンなどのプログラムからコマンドを使って、このiRemoconを操作できるというのもあります。これにより自作のプログラムから、思い通りに家電を操作することができるようになりました。

僕の場合だと、iRemocon用音声認識アプリを作成し、声で家電を操作する部屋を作ることができました。自分でプログラムを書けば、ある程度思い通りに家電を操作することができるので、「エアコン温度自動調整機能」を付けたり、「マクロで一連の家電操作をワンクリックで」ということができるようにもなりました。このiRemoconのおかげで、部屋が常に快適な状態に保たれているので、以前よりも過ごしやすくなりました。

[関連記事]
スマホで家電を操作するiRemoconを購入、スマホ持ってないけど
スマートフォンで家電をリモコン操作できるLAN接続型学習リモコン「iRemocon」
ついに念願の声で家電をコントロールできる夢のお部屋を手に入れた
ボイスリモコン Kotoshiro β版 配布ページ (iRemocon用音声認識アプリ)




今年は、これまでに購入してきた家電を、iRemoconで統合的に管理して、声で操作するという試みをしてみました。

これにより、今まで以上に手軽に家電が操作できるようになった上に、室内環境も自動で最適化されるようになったので、寝たきり生活の質を大幅に上げることができました。おかげで、今年はいつもより体調不良になる頻度が減り、いつもより健康的な1年となったと思います。なにはともあれ人間、健康が第一ですから、たかだかネットで買い物したもので、こういった改善ができたのは非常によかったです。

家電を統合管理する学習リモコンは、Glamo iRemoconの他にも、スマホ用リモコンとしてPluto ステーション、音声認識・家電のスクリプト管理がしたいならフューチャーホームコントローラーなどもありますので、室内を統合的に管理して部屋を快適空間にしたい場合は、これらを試してみると良いかもしれません。


ただ人間、楽を覚えるとだらけちゃってダメですね;楽な生活を覚えると、すぐにそれに慣れてしまう上に「次はこうしてやろう」「こんなものを作って便利にしよう」とか思わなくなって最近ずっと何も生み出さない自堕落な生活を送っています。来年はここらへんを改善して、やる気の出る部屋なんかを作っていければと思います。

タグ:ショッピングオブザイヤー 加湿器 音声認識 iRemocon ドラゴンスピーチ パワートラック ドラゴンスピーチ11J

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーリンク
 

トラックバック一覧

コメント一覧