記事一覧

ブログにもらうメール・コメントはいつも参考にさせてもらってます。要望をもらって、スクリプトから複数の家電を操作できるようKotoshiroに機能を追加

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

最近、こんな寝たきりの生活についてばかり書いているブログでも、ありがたいことに結構メールをいただきます。メールの内容は、質問、相談、要望、いろいろありますが、どんなメールでも、僕の知らない情報が含まれていて逆に教えてもらっているなんてことが結構あります。

先日も、Aさん(仮名)から、Kotoshiroの機能について要望をいただきました。内容は以下。

はじめまして〇〇と申します。
介護が必要な母の生活を少しでも改善したくて、遠隔でも介助の一部を行っています。
今年の夏からiremoconとkotoshiroを使い、エアコンの制御を始めたおかげで元気に夏を乗り越えられました。
この様な素晴らしいソフトを作って公開して頂き、大変感謝しております。ありがとうございました。

そして、今年の冬にも暖房の制御を行いたいと思っているのですが、「寝ている時間帯やデイサービスの日は暖房をけしたい」「デイサービスから帰ってきた後、母が真っ暗な中で座っているのでエアコンを入れると同時に照明をつけたい」等の制御も行いたいと思っています。
kotoshiroは大変よくできているのですが、私の欲張りでわがままな制御には現状では難しいようです。
つきましては、下記のように仕様を変更して頂けないかと思い、連絡させて頂きました。

僕の場合、フリーソフトを開発していて嬉しいことは、ユーザーにソフトを使ってもらえることです。しかもそれが、役に立っていると言ってもらえるなんてありがたいことじゃないですか。国から障害年金をもらって、いつも人から一方的にお世話になっている者としては、多少なりとも他の人の役に立てたなら、ちょっとうれしくなっちゃうといった思考ロジックです。


そんなわけで、AさんからのKotoshiroに対する主な要望は、まとめると以下の二点。

①スクリプトで複数のリモコン信号を操作したい
②二つ目の温度センサーの値もスクリプトで取得できるようにしたい

ということでした。要望の理由についても教えていただきました。

①のスクリプトで複数のリモコン信号を操作したいについては

今冬でしたいのは、湿度を監視しながらリモコン付加湿器(気化式)の制御と、室
温を監視しながらエアコンの制御が中心です。
具体的には、

寝ている時間帯はエアコンを出来るだけ使わないようにして、とんでもなく冷え
込んだ時だけ使いたい。その際には加湿器も動作させたい。
デイサービスのない日は、暖房と加湿器で室温と湿度を一定に保ちながら、日の
入り30分前までには照明を点灯させたい。
デイサービスがある日は、デイサービスの時間帯は暖房の制御などは行わずに、
帰ってくる30分前から制御したい。

みたいな事を考えています。


②の二つ目の温度センサーの値もスクリプトで取得できるようにしたいについては

「USB温度・湿度計モジュール」の二つ目
も引数にあれば、床付近の室温が低い場合にはサーキュレーター で空気を対流
させる等の運用もしたいと考えています。


「なるほどな-、こういう使い方もあるのかー。」正直、作った作者自身、「スクリプトを使用してまで利用してくれているユーザーはいないだろう」と思っていたので、まずスクリプト利用ユーザーがいたことに驚き、さらに作者の想定以上に有効利用をしてくれていることに驚きました。フリーソフトを公開していて、自分以上に使ってくれるユーザーさんが現れると、「このソフトを作って良かったな。」といつもうれしく思います。


というわけで、上記の要望を含めて、Kotoshiroをバージョンアップしました。

ルームリモコン Kotoshiro 配布ページ (iRemocon用音声認識アプリ)


今回のバージョンアップの詳しい解説は以下。

【Kotoshiroヘルプ】拡張版リモコン制御スクリプトの書き方


今回のバージョンアップにより、以下の時間取得関数を組み合わせることによって、さらに家電の動作を詳細にプログラミングできることになりました。

  //datetime文字列から日時情報を取得する例
//var dp = Date.parse(datetime)
var now_time = new Date()
var year = now_time.getYear()
var month = now_time.getMonth() + 1
var date = now_time.getDate()
var hour = now_time.getHours()
var minute = now_time.getMinutes()
var second = now_time.getSeconds()
var w = ["日","月","火","水","木","金","土"]
var day = w[now_time.getDay()]
//日時情報の利用例
if (day == "月") {}//曜日で分岐
if (hour >= 21) {}//時間で分岐(例:21時以降))


※家電の自動操作などは、設定をミスった場合、重大な事故にも繋がる恐れもありますので設定はくれぐれも気をつけて行ってください。


冒頭に、ブログでいただいたメールはものすごく参考になると書きましたが、Aさんのメールでも自分の知らなかった情報を知ることができました。それは、VPNサーバとKotoshiroとiRemocon、WEBカメラを利用した外出先からの家電の操作です。僕自身、VPNサーバという存在を知らないに等しかったので「へー、こんな方法もあるんだ!」とビックリ。

ちなみに、Aさんの構成。

接続元(PC又はiPad mini)---インターネット---VPNサーバ
(ipsec)---PC(Kotoshiro)---iRemocon
「USB温度・湿度計モジュール」が一つ
「iRemocon専用IRケーブル」が一つ
「webカメラ」が一つ

僕は、iRemocon本来のスマホ機能からしか遠隔操作できないものと思っていたので、また一つ勉強になりました。今度調べてできそうならやってみようかなと。ブログをやっていると、自分の発信している以上のものを教えてもらえることがあるので、ありがたいです。


※メールの内容はAさんに許可をいただいて掲載しています。

タグ:Kotoshiro iRemocon

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーリンク
 

トラックバック一覧

コメント一覧