記事一覧

家電量販店で、大量にリモコンを借りてきて一つ一つ環境制御装置に登録できるか試してみる

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

前回「環境制御装置でエアコンを操作している僕が、買い換えのときに困ったこと」で、エアコンを買い換える経緯と問題点について書きました。

問題点とは、新しく購入するエアコンリモコンが環境制御装置(僕は学習リモコンのiRemoconとKotoshiroを使用しています。以後iRemocon。)に登録できるかどうかわからないということだったのですが、「わからなければ試してみるべし!」と試してみることにしました。

エアコンのリモコンがiRemoconに登録できるか試す手順

特に良い方法が思いつかなかった僕は、実際にリモコンを借りてきて試すことを思いつきました。

そうすれば、とりあえずエアコン機種のリモコンがiRemoconに登録できるかどうかは分ります。iRemoconで使えないリモコンだった場合、登録すらできないので、そのリモコンの機種は購入候補リストから除外することができます。

まずは、借りてくるリモコンを決めるために購入候補リストを作ることにしました。購入候補は僕の部屋の広さから、木造15畳用(鉄筋18畳用を)のエアコンを購入することに決めました。型番に56がついている機種です。

各社の購入候補はこれ。

日立 白くまくん RAS-S56C2
ダイキン うるさら7 AN56PRP-W
パナソニック CS-563CXR2
三菱 霧ヶ峰 MSZ-ZXV561S-W
東芝 大清快VOiCE RAS-562EDRH
シャープ AY-B56SX-W
富士通ゼネラル nocria AS-Z56B2

さて問題は、これらの大量のリモコンをどこで借りてくるかです。メーカーに事情を言えば貸してくれるかもしれませんが、非常に面倒くさい。なので手っ取り早く近所の家電量販店で借りてくることにしました。

家電量販店(Joshin)でエアコンリモコンを大量に借りてくる方法

いざ家電量販店に借りるといっても、おそらく、いきなり電話しても貸してくれないでしょう。なので、ちゃんと準備して直接店舗に交渉しに行くことにしました。

とりあえず、借りてくる手順としては以下のようにしました。

店舗に直接出向いてエアコン担当の店員さんに直接話す
電話やメールじゃ相手の反応がわかりづらいし、直接話した方が手っ取り早いです。それに実際行かないと伝わらないような気がする。

その店で買うことを明言する
「この店でエアコンを買おうと思ってるんですけど…」と言って切り出します。店員さんも買わない人には、そこまでしてくれないでしょうから。

リモコンを借りる事情と必要性を誠心誠意話す
なぜリモコンを5個も6個も必要なのかちゃんと説明します。僕の障害がある体では、環境制御装置という物が必要。環境整備装置とは、学習リモコンみたいなもので、それにリモコンが登録できないとエアコンを買っても意味がないということを丁寧に説明しました。

もし返さなかった場合の保証を金を持っていく
店員さんとしては、そんなにたくさんのリモコンを貸して帰ってこないことも心配でしょうから、保証金を持っていくことにしました。僕の場合は、10万円を封筒に入れて持って行きました。「10万円を置いていくほど本気で貸して欲しい」ということのアピールの意味もあります。


それで、寒かったげど車椅子で近所のJoshinにまで行って上記のように交渉してきました。


結果…、結構あっさりと貸してくれました。


店員さんは、話をすると、上の人に許可をもらいに行ってくれ、5分ぐらい待っているとあっさりとOKをくれました。保証金は、Joshinカードを持っていて、身元がわかるので必要ないとのことでした。


ほんま、Joshinさんの優しさは五大陸に響き渡るでー。


それで、借りてきたリモコンが以下です。


左から、日立、ダイキン、パナソニック、東芝、三菱、シャープのリモコンです。富士通ゼネラルのリモコンは無かっので借りれませんでした。

裏には展示用のリモコンと書いてあるものもあります。

店員さんもモックではなく信号を発しているリモコンであることを確認してから貸してくれました。

リモコンを一つ一つテスト

借りてきたリモコンをiRemoconに登録できるか一つ一つテストしてみることにしました。

すべてのリモコン信号を試すのは物理的に不可能(1機種で何千何万通りもあると思う)なので主に使用する「暖房」「冷房」「除湿」「切る」のリモコン信号がiRemoconに登録できるか試してみました。

その結果、すべてのリモコンをiRemoconに登録することはできました。以前他のリモコンで試したときは、登録できないリモコンもあったので、これは意外な結果でした。


とりあえず、登録テストは全て合格です。しかしこのテストは、「iRemoconの登録作業が完了すること」がわかっただけに過ぎません。

この段階で、「完全なリモコン信号が登録された」「登録されたリモコン信号で実機が動作する」ということが保障されたわけではありません。

一応、昔作ったソフトで、全て発信できることも確認しました。ただこれも、「iRemoconから信号が発信されているかのみ」のテストなので「実機が動作する信号がちゃんと発せられているか」までは分りません。

この結果を受けて

正直、今回の登録テストで「登録できなかったリモコン」を購入候補から除外するつもりでした。しかし全てのリモコンが、登録できてしまったことから、今回せっかくリモコンを借りてきてまで行ったテストは、あまり意味を成さなくなってしまいました。。


「この先は、どうやって調べようか…」と小一時間思案しましたが、結局メーカーに問い合わせることにしました^^;

長くなるので続きは次回。
iRemoconに登録できるのか?各エアコンメーカーにリモコンの仕様について聞いてみた

タグ:Kotoshiro iRemocon エアコン

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーリンク
 

トラックバック一覧

コメント一覧